ラズポーカーゲームの魅力とは?

カジノギャンブルや運試しゲームの専門家によれば、ポーカーはギャンブル業界で一番人気のゲームです。ほとんどのオンラインゲームのプラットフォームで提供されているポーカーは、実際のギャンブル施設ではよく見かけます。ポーカーゲームの王様はテキサスホールデムであることに変わりはありませんが、最近では、おもしろそうな新登場のトレンドも見られます。それは「ラズポーカー」です。近年、ラズポーカーの人気が急上昇していることは、カジノ運営オペレーターにとっても不思議だそうで、予想外の人気のあまり、誰も理由が説明できないという状態だとか。そこで私たちは、ラズポーカーに関する徹底調査をおこない、経験豊富なゲーマーや長年のギャンブラーに意見を求めたところ、彼らの意見は以下の通りでした。 

目新しさが必要

経験豊富なギャンブラーは、ラズポーカーの人気が急上昇していることについてはさほど驚いていませんでした。依然として一番人気なのはテキサスホールデムですが、人は時に目新しいものに挑戦したくなる生き物であり、そこにラズポーカーがハマったのだと考えているそう。ただし、ラズポーカーの人気は一過性にすぎず、他の多くのトレンドと同様に、いずれは消えていくと予想しています。その理由は「ラズはホールデムのルールを知る人にしか好まれないから」だとか。ギャンブルを始めたばかりの初心者なら、ワクワクする一番人気のゲームを選ぶことが多いのです。 

直感と真逆の面白さ

ラズポーカーはもはや、カードゲーム界における新鮮かつ面白いゲーム、と表現できるでしょう。ラズはスタッドポーカーと呼ばれる種類に属しています。ゲームの目的は、出来るだけ小さな数の手札を5枚集めることなので、経験豊富なギャンブラーの間では「ローボールポーカー」とも呼ばれています。様々な資料によれば、ラズは52枚のカードデッキと同じく、20世紀初頭にギャンブルシーンに登場したそうです。それ以来、最も頻繁にプレイされている5種類のポーカーのうちのひとつとなっています。 

シンプルという美学

結局のところ、ラズポーカーはとてもシンプルなゲームです。最初に配られる7枚のカードの中から、できるだけ小さな数の手札を5枚集めなければなりません。参加人数は競技の種類によって異なりますが、8人を超えることはありません。セブンカードスタッドに挑戦したことがある方なら、ラズがほとんど同じであることがお分かりになるでしょう。唯一の違いは、対戦相手の組み合わせよりも、小さな数の組み合わせが必要だという点です。1971年以来、ラズポーカーは観客とプロプレイヤーの双方にとって最も重要な大会のひとつである「ワールドシリーズオブポーカー」の一種目にもなっています。